ビビデバルデムーン:日本食レストランの基本的なエチケット

ビビデバル・デ・ムーン正しさ:日本食レストランの基本的なエチケット礼儀

他の人と食事をするときは、とマナーが常に重要です。:食事中の日本文化への敬意を示すために、ここでいくつかの食事は、あなたがメモを取る必要があり礼儀です

感謝の意を表示

あなたが日本の人々は句「で自分の食事を始めることに気づいたかもしれませんいただき」 あなたは、、彼らが速い食事を受け、謙虚であることを意味あなたが食べている食事への感謝と感謝を示すためにこれを言う練習をすることができます。

食事中のテーブルマナー

日本料理は箸で食べることを目的としています。日本人の友達や同僚と食事をするときは、他の道具に頼るのではなく、箸を使うほうがいいです。

食事を始める前に、両手で箸を持ち上げ、最も使いやすい手に置いてください。を使って物を指さしたり、こすったりするなどの箸で遊ぶことは避けてください。 

ファミリースタイルでお皿にスプーンや箸がない場合は、太いお箸を使うことができます。箸を食べ物に刺さないでください。また、スティックの端からソースを吸い込まないようにしてください。

心に留めておくべき最も重要なルールの1つは、箸を使って食べ物を渡してはならないということです。同様に、箸をご飯に垂直に刺さないでください。これは日本の文化では否定的な意味合いを持っています。

ウェットタオル

レストランに着席すると、ウェットタオルが渡されます。これは、食べる前に手をきれいにするために使用されます。タオルは特定の目的にのみ使用し、顔や首には使用しないでください。 

ソース 

ソースは美味しそうですが、ご飯にのせないでください。代わりに、あなたはあなたの食べ物をソースボウルに個別に浸すことができます。できるだけ、ソースボウルに食べ物を残さないようにしてください。

ラーメンラーメンを出す

とき は、片手でお箸を持って丼を支えます。音が鳴る心配がなく、ボウルから直接スープを飲むことができます。また、日本人は自分たちの文化の中で食事を楽しんだことを意味するので、音をたたく音を高く評価しています。

あなたの食べ物を仕上げ

可能な限り、お皿の上にすべての食品を終えます。食べ物、特にご飯を一片も残さないことが、日本の食事のマナーとして重要です。箸を置く前に、皿に残り物がないことを確認してください。

食事の後、

日本人はしばしば「という言葉で食事をごちそうさまでした終え」ます。これは食事への感謝の形です。

使い捨てのものと一緒に食べた場合は、食事の後、必ず箸をバッグの中に戻してください。そうでない場合は、プレートの上に横向きに置くことができます。ボウルの横に置かないでください。食事が終わっていないことを意味します。

飲み物

ビールや 日本酒 は、食後に提供されることがよくあります。グラスに手を伸ばす前に、すべてのグラスが満たされるのを待つことをお勧めします。次に、誰かが乾杯をした後、お返しにグラスを上げて飲みます。よく「と言わかんぱい」 この間、れますが、これは日本語で歓声を意味します。