日本に行く前に覚えておく必要のある基本的な日本語日本語を学び

外国に行くとき、その言語を学ぶこと は、現地の人と適切にコミュニケーションをとるためにが重要です。そのため、人々は新しい言語を学ぶために余分な時間と労力を費やしています。日本に行く予定がある場合は、地元の人が心配事を理解して手助けできるように、学ぶ必要のある基本事項をいくつか紹介します。 

英語理解できるかどうかを尋ねる

が日本には、教育カリキュラムの一環として英語を勉強している地元の人々がいます。だから、彼らは少しの言語を理解することができます。日本語の語彙が足りなくなった場合は、「すみません、えごをわかりました?」と簡単に尋ねることができます。 「すみません、英語がわかりますか?」彼らがすぐに答えたら、それを英語で会話するためのしるしとしてとらえ、彼らがあなたを助けることができるようにします。

ときに私はレストラン

あなたがレストランにいるときは、ここにあなたが覚えておく必要があり、次の単語やフレーズですNA:

  • すみません-申し訳ありません/すみません
  • 私は順序にしたい-Chuumonshitaiは
  • この-コレ
  • 痛を-こと
  • 牛肉-Nikuの
  • Toriniku -チキン
  • Butaniku -豚肉
  • 水-水
  • おねがいします-お願い-1、2、3、4ありがとうござ
  • ひとつ、ふたつ、みつ、よつ
  • ます-ありがとうございます

使用できるサンプル文は次のとおりです。これらをお願いします。)

トイレはどこですか?

自然の呼びかけは決して無視してはならないものです。トイレを使う必要がある場合は、「すみません、といれわ、どこですか?」という質問を忘れずに使ってください。 (すみません、トイレはどこですか?) 

「ごめんなさい、わかりません」

日本語で話し始めると、地元の人が同じ言葉で話すのが普通です。しかし、あなたの語彙はまだ限られています!代わりに、「すみません、日本語はちょっとはかりました」と返信することができます。これにより、日本語があなたの第一言語ではないことがわかります。

価格を尋ねるに、値札の

買い物をしているときないアイテムに遭遇する可能性があります。もしそうなら、この文はあなたに答えを得るでしょう:「すみません、これは、いくらですか?」 (このどのくらいです、すみません。)今、あなたは、ここで数字のいくつかの日本語訳である価格を求める方法を理解していること

  • :100- hyaku
  • 200 – nihyaku
  • 300 – sanbyaku
  • 400 – yonhyaku
  • 500 – gohyaku
  • 600 – roppyaku
  • 700 – nanahyaku
  • 800 – happyaku
  • 900 – kyuhyaku
  • 1000年-セン
  • 2000 -ニッセン
  • 3000 – Sannen
  • 4000 – Yonnen
  • 5000 – Gonnen
  • 6000 – Rokunen
  • 7000 – Nanasen
  • 8000 – Hassen
  • 9000 – Kyunen
  • 10000 -Ichiman

その組成が異なるため日本人や日本語を学ぶことが難しい言語であります英語から。それとは別に、彼らの言語を話し、読む方法を学ぶことは別の問題です。これらの状況は一般的に観光客が直面しているので、基本的には、旅行中に生き残ることができます。日本の文化についてもっと知りたい方のために、ビビデバル・デ・ムーンには読んで学ぶことができる記事があります。